橘神社

国家守護の幸せの神様、至誠一貫の学問の神様

 軍神・橘中佐を、お祀りした神社で、橘神社の入口には彫刻家・北村西望作による橘湾を望む勇ましい橘周太中佐の銅像が立ちます 橘中佐とは東宮侍従武官(大正天皇の教育係)や、名古屋陸軍地方幼年学校長などを歴任した人物で、その素晴らしい功績とともに、人望厚く優れた性格で全国に知られています。昭和15年に長崎県社として創建されたこの神社は、春には約1000本の並木桜が参道をトンネルのように連なり、多くの客で賑わいます。また敷地内には橘周太中佐の生家の一部、橘中佐遺徳館を移築されています。年末になるとギネスブックにも認定された「世界一の門松」が登場。高さ約11m以上の巨大門松は明け方までライトアップされ、荘厳な雰囲気の中で新しい年を迎えられます。

長崎県内では、諏訪神社(長崎市)に次いで二番目の正月参拝者数を誇る。毎年1月の大寒の日に近くの千々石川で寒中みそぎが行われる。

​橘神社大門松特別御朱印終了告知

​橘神社大寒禊(寒中禊)

ここをクリック↑↑↑ 1月 9日更新

橘神社の大門松​

​2000年にギネス史上初めて認定された、元祖大門松。高さ10mを超える大門松。これを見るために県外からも多くの参拝客が訪れる。

御祭神
祓・祈願・神事
創建80周年事業
神社行事

© 2017 by Tachibana jinja

Proudly created with Wix.com

電話

0957-37-2538

FAX

0957-37-2772

住所

長崎県雲仙市千々石町己529番地

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now